近年、新建材から発生する化学物質が原因でシックハウス症候群などの病気が深刻化しており、全体の8割の子供が化学物質過敏症の予備軍とも言われています。
生まれながらにしてアトピー、鼻炎等の病気を持った赤ちゃんが多く見受けられるようになりました。それは家族が育った住環境が有害な化学物質を含んだ新建材やビニールクロスを使った家だったことが一因と推測されます。
現在の住宅には459種類もの化学物質が使われていると言われており、それが私たちの健康に大きく影響していると考えられます。
化学物質は空気中に浮遊して、呼吸することで体内に蓄積され知らず知らずのうちに健康に害を及ぼすのです。
平成15年には、シックハウス基準法が制定されましたが「ホルムアルデヒド」「クロルピリホス」の2種類のみを規制するだけで、残りの化学物質については何も対策がとられていません。
この問題を解決するため幻の漆喰・音響熟成うづくりの床・清活畳という3つの自然素材を内装材に使用し真の健康住宅をご提案いたします。

幻の漆喰とは

化学物質に対する吸着力が非常に高い「焼成カルシウム」と「麻のスサ」や「海草」を煮込んで作った糊を、無菌水で混ぜ合わせて作られた完全天然素材で、安全な壁材です。
さらに、光が当たる場所だけでなく暗がりでも温度と反応を起こし臭いや化学物質を吸着・分解する光熱触媒の効果により半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保ちます。

驚きの分解力

化学物質を吸着・分解する幻の漆喰がもつ光触媒の効果は、「ホルムアルデヒド分解試験」でも実証済み。
アトピーやアレルギーの原因の一つともいわれるホルムアルデヒドの分解試験(右図)のような結果に、わすが30分で驚きの数値が出ています。

幻の漆喰の4つ特徴

  • 室内の空気を半永久的にクリーンに保つ 「天然の空気清浄機」
  • ホルムアルデヒドでけでなく様々な化学物質・有害物質を吸着・分解
  • 光熱触媒により壁の汚れ(化学物質の汚れ)を自然に分解
  • マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散、リラックス効果が得られます

清活畳とは

畳の中央に竹炭をたっぷり入れ込んでおり、その量は6畳2間でドラム缶1本分の量。だからこそ竹炭のもつ「保湿・断熱」「消臭」といった利点を半永久的に発揮するのです。
さらに、「マイナスイオン」は自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進します。そのたため、プレッシャーやストレスを抱える方のリフレッシュ効果・脱臭効果・電磁波の無害化などの効果があると言われています。
また、表替えは何度でも可能ですので後々のメンテナンスも心配いりません。
もちろんアレルギー体質のお子様にも安心してお使いいただけます。

知られざる竹炭のパワー

竹炭の断面には数ミクロンの無数の穴が開いています。
その穴ひとつひとつには、有能な微生物(バクテリア)の働きにより、空気中のタバコやペット・トイレの臭いをはじめ家具や家電などから発生する化学物質のガスなどを吸着してくれるのです。
さらに吸着した化学物質や有害物質を分解する働きもあるのが特徴。
竹炭のこの効果は備長炭の数倍から10倍程度あるとされています。

清活畳の4つ特徴

  • 室内の温度を調節しカビ・細菌・ダニ等の発生を抑えます
  • 脱臭効果でお部屋の清々しい空気を保ちます
  • 保湿・断熱効果で夏涼しく冬暖かい部屋にし、冷暖房費を節約できます
  • マイナスイオン効果で安眠と目覚めを健やかにします

音響熟成うづくりの床とは

うづくりの床の4つ特徴

  • 足裏を刺激し、身体のバランスを改善し肩こりや腰痛、偏頭痛うの予防に
  • 可視光線を吸収し、眼精疲労を防ぎます
  • 湿度調整効果があり冬暖かく、夏ひんやりの感触があります
  • 素足で暮らしが楽しめ、自己治癒力が高まります