新築開始

みなさん、初めまして(*^_^*)

タイシンホーム入社1年半の【やっさん】です。

今週は私がブログを書きます。

今週から神戸の垂水区で新築建物の施工が始まりました。

1日目

DSC_0079

DSC_0082

2日目         ↓

DSC_0085

DSC_0086

DSC_0088

わずか2日でこの状態になりました。

今後この家の状況を書いていこうと思いますのでお楽しみに(^o^)/

 

せっかくわが家をリフォームするなら悔やまないように

初めまして、タイシンホームリフォーム担当の畑です。

私は住宅リフォームに関する内容を主に掲載していきたいと思います。

せっかくわが家をリフォームするなら、まずよーく考えましょう

当然、ご予算がありますので何でもかんでもというわけにはいきません。

一番に、わが家の設備・部屋全体・家族の暮らしやすさ・お掃除などを見つめ直しましょう。必ず不満・ストレスが見えてきます

次にリフォーム部位に優先順位をつけてください。

DSCN2243打ち合わせ風景    

タイシンホームに相談してみてください。私たちのアドバイスを取り入れ、打ち合わせを繰り返し行い、お客様がリフォームした後で悔やまないようにモットーにしております。

IMG_3535Bifore

                        

DSCN0906After

          

せっかくわが家をリフォームするなら大満足しましょう

それでは、また次回もよろしくおねがいいたします。

 

現場打ち合わせ

みなさんはじめまして。

 

 

 

タイシン一筋13年おすぎです。

 

 

 

タイシンホームで普段は某住宅メーカーの住宅を管理さしてもらってます。

 

 

現場監督として大事なのは。

 

 

コミュニケーション

 

 

段取り

 

責任感

 

 

 

これら3つが現場監督として心掛けています。

 

 

今回、現場打ち合わせの様子を写真に収めてみました。

 

 

 

IMG_6011

工程の段取りを大工さんと打ち合わせ中

 

 

私の経験談ですが。

大工さんや様々な業者との念密な打ち合わせにより、工事がスムーズ

にいきミス等の予防につながるので打ち合わせもかかせません。

 

このような形で現場管理を徹底させてもらっています。

 

 

また何かの機会でみなさまとお会いすると思いますので是非とも

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

我が家の耐震性に不安はありませんか?

営業担当Mです。

201506251251000

先週、「耐震診断資格者講習」・「耐震改修技術者講習」を2日間

にわたり受講してきました。

大阪会場は、定員250名をオーバーして300人の受講者となりました。

建築基準法による構造規定の変遷

1950年 基準法制定

1981年 新耐震基準

2000年 接合部の仕様を明確化

2

木造住宅耐震改修工事を行った事例368件の調査では

1981年以前の耐震性はほぼ同じ。(構造評点0.42~0.49

3

評点と判定

1.5以上        :倒壊しない

1.0以上~1.5未満 :一応倒壊しない

0.7以上~1.0未満 :倒壊する可能性がある

0.7未満        :倒壊する可能性が高い

誰でもできるわが家の耐震診断

耐震診断は専門家に依頼しなくても、10項目の問診に答えるだけで

 ご自分で容易にできます。

・インターネットで「誰でもできるわが家の耐震診断」をクリック

・自治体の窓口で資料を配布

耐震改修工事費用

DSC02836

耐震改修工事の平均は210万円位のようです。

耐震改修工事等の補助金

兵庫県の場合

住宅耐震改修計画策定費補助 限度額  20万円

住宅耐震改修工事費補助    限度額 100万円

          +

伊丹市・宝塚市・川西市(各市)  限度額  30万円

合計 限度額150万円が利用できます。

既存住宅耐震補強マニュアルが確立され、それにともない工法や新素

材が開発されています、壁紙を張る程度の作業で壁の強度が2.5倍に

なるアラミド繊維など、リフォーム工事の際に耐震補強も視野にいれて

みてはいかがでしょうか?