ベトナムのお正月=テト

皆様、ご無沙汰しております

社長ことBOSSです

今回は先日、正月前にベトナム・ダナンへ行ってきたので、現在真っ只中(1月28日~2月1日)のベトナムのお正月の記事を書かせていただきます。

ベトナムはアジアの一員なので日本と同じく中国の影響をたくさん受けています。特に生活習慣はほとんど中国です。その代表がテト(ベトナムでの正月の呼称)です。

お正月前大晦日を迎える前に今年一年を振り返り、神様に感謝の気持ちを伝えるためお供え物をし神主を迎えお祈りをします。

これはお供え物です。

今年は新しい事務所に移り、業績も上がってきて良い結果が出たので子豚の丸焼きを供えました。

因みに、ベトナムでは子豚の丸焼きは最高のお供え物です。

さぞ成績が良かったんでしょうね~

この写真は現地社長がお祈り中です。

このお祈りを事務所、倉庫、ショールームの三カ所で行います。神主様も大変ですね。

お祈りが終わるとお供え物をつまみにした忘年会の準備です。

隣の店の社長や社員の婚約者も交えて忘年会スタートです

この夜は明日も仕事なので早く切り上げました。

みんな楽しそうでしょ! なぜだかわかりますか?

明日は年に一度のボーナス日なのです・・・・・・・・・・・・・

また、街ではお正月に玄関に飾る植物を売る露天商で道端は一杯です。

皆さんよく見て下さい

大きな鉢をバイクで配送中です。日本では考えられませんね、警察に捕まるかも!

と言う事で簡単ではございますがベトナムの正月前の一コマをご紹介致しました。この後28日の夜には年越しカウントダウン花火大会がハン川で行われるそうです。

私は帰国するため見れませんが大きな花火大会です。ここでは爆竹の代わりに花火なのかもしれませんね。

それでは皆様次回をお楽しみに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です